ホーム  >  2020年11月

「2020年11月」の記事一覧(1件)

【HOWZOOM】のワンルームガイダンス1
カテゴリ:社長ブログ  / 投稿日付:2020/11/27 00:00

物件探し【HOWZOOM】
ワンルームガイダンス(^^♪


こんにちは、広報担当の松浦です。

◆当社では、「不動産投資」・「資産運用」・「節税」に興味があるけどよく分からない、
という方向けに専門講師が分かりやすく解説するセミナーを開催しています。勉強好きな方、
この機会に一緒に勉強してみませんか?
なお、セミナー当日は、特定の物件やサービス等をお勧めしていませんので、実際にご検討
されている方は、いつでもお気軽にお問合せください。


◆さて、本日のテーマ
【HOWZOOM】ワンルームガイダンスhouse

不動産投資の初歩としてワンルーム投資を勧めるガイダンス本は枚挙にいとまがありません。
ワンルームライフを経験したことのない人が投資家として、初めてワンルーム投資を始める
ケースも多々ありますが、多くのガイダンス本はどれを見てもワンルーム投資の最大のリスクは
「空室リスクだ!」と書いてあるものの、空室リスクの本質に「わかりやすく」「簡潔」に触れ
ている本は意外と少ない、というのが私の感想です。

本ブログ、【HOWZOOM】のワンルームガイダンスでは、実践形式でお伝えします

コロナ禍、これまでの経験や知恵が生かされないかもしれません。Σ(゚д゚lll)ガーン
でも、知らないより知ってた方が良い事、ひとつはあると思います。

◆HOWZOOM、色々な(HOW)ことに興味(ZOOM)を持ちたい気持ちの表れです。(^^♪

では、投資用ワンルームマンションの「空室リスク」について一言で表すと、
「家賃として収入がない事」です。毎月決まった収入があるところから、収入がなくなるのは
痛いですよね。
でも、「収入がない事」が「マイナスになる事」とは、ちょっと意味合いが違うと思います。

確かにワンルームの空室リスクを完全に排除する事は困難です。
ワンルームをいくつも持っていれば、空室のリスクを分散する事はある程度可能かもしれませ
んが、初めてワンルーム投資をするオーナー(大家さん)にとって、唯一の投資物件が長期に
わたり空室となれば、大きな誤算になります。
実はそういったことに陥らないよう、事前に知っておくべきワンルームの常識や投資セオリー
はたくさんあります。

そうしたことを知らないまま安易に投資してしまう初心者の方も多いのではないでしょうか。

リスクを顕在化しないまま投資のチャンスを逃している方もいてるのではないでしょうか。

今や、マンション設備の性能や機能は一定の円熟期にあります。現在のマンションの基本性能が
登場したのは大量供給が始まった1994年から1999年にかけての頃であり、現在で築20年から
25年が経過した物件でも性能的に現在の新築物件と遜色ないレベルのものも多いと言われています。

中古マンションマーケットには築年数や立地も含め、様々な物件が日々供給され流通しています。
中には、流通しずらい物件もありますが、

収益を利回り換算し価格を調整することで流通します。

後々後悔しない為に、次回
◇中古マンション、投資用のワンルームって?の「ギモン」から仕様や仕組みをご案内します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
次回の対面セミナーは、12月8日(火)・12日(土)を予定しています。
実際にお目にかかり、より具体的なお話しを是非お聞きください。
セミナーの詳細・ご応募はこちらからどうぞ。
沢山の方にお目に掛かれるのを、楽しみにしております。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


株式会社ハウズーム 松浦

ページトップへ