ホーム  >  社長ブログ

「社長ブログ」の記事一覧(13件)

【HOWZOOM】のワンルームガイダンス2
カテゴリ:社長ブログ  / 投稿日付:2020/12/04 18:00

物件探し【HOWZOOM】
ワンルームガイダンス2(^^♪


こんにちは、広報担当の松浦です。

◆当社では、「不動産投資」・「資産運用」・「節税」に興味があるけどよく分からない、
という方向けに専門講師が分かりやすく解説するセミナーを開催しています。勉強好きな方、
この機会に一緒に勉強してみませんか?
なお、セミナー当日は、特定の物件やサービス等をお勧めしていませんので、実際にご検討
されている方は、いつでもお気軽にお問合せください。


【HOWZOOM】ワンルームガイダンス2house

今やマンション設備の性能や機能は一定の円熟期にあります。
というのも現在のマンションの基本性能が登場したのは大量供給が始まった1994年から
1999年にかけての頃であり、つまり現在で築20年~25年が経過した物件でも性能的に
現在の新築物件と遜色ないレベルのものも多いと言われています。


【設備仕様の10項目 】

  1.フローリング
  2.浴室乾燥機
  3.床暖房
  4.アウトフレーム
  5.壁厚(180mm)・床厚(180~200mm)
  6.給湯器(24号)
  7.電気容量(50~60A)
  8.給水菅の更新が容易な直接給水方式
  9.二重床・二重天井
  10.管理組合

基準は様々、床暖房やエアコン等メンテナンスが必要な設備です。
築30年を超える昭和時代のマンションとそれ以降のマンションでは設備や機能に
随分違いがあるので要チェックです。

 

◆平成バブル崩壊(1992年)、金融恐慌(2003年)、リーマンショック(2008年)、
コロナショック(2020年)。ほぼ10年おきに日本経済を揺るがす大きな出来事が
発生しています。

他にも、阪神淡路大震災、アジア通貨危機、ITバブル崩壊、東日本大震災、
チャイナショックなど、不動産価格は様々な経済変動の影響を受けながら浮沈しています。
株式投資もそうですが、なかなか相場のどん底で安く拾うのが難しいのが投資の世界です。

 

ワンルームも当然時代の波を受け価格が変動します。
冒頭から早々に結論めいたことを言ってしまうと、ワンルーム投資(狭義の収益不動産)
高値のタイミングで掴んだとしても、

実物資産であるワンルームを
長く保有し続けた
投資家は損はしていない

と言ってよいと思います。

 

◆「不動産は千に三つ」とよく言われます。つまり不動産業者は1000に3つしか
本当のこと、あるいは営業に必要のないことは話さないと揶揄される事があります。
Σ(゚д゚lll)ガーン 

  私の経験では、当たらずとも遠からずです。(/o\)

  余談ですが、「千に三つ」の例えは他にもあり、千の事を知らなくとも
  三つ得意な事を熟知すると仕事に活かせるそうです。


さて、そんな不動産業で見知らぬ業者にアドバイスを求めたところで親身になって
くれる人がどれだけいるのでしょうか。

 

沢山ある物件の中からどんな物件を選ぶべきなのか迷ってしまい、結局買うのを躊躇
したり、ワンルームを買った後で度重なる空室に見舞われたり、大規模修繕で思わぬ
出費がかさむ等こんなはずではなかったという気の毒なワンルーム投資家は意外と多
いのではないかと思います。

 

次回は、
私の体験をもとにワンルームの借り手、すなわち入居者の立場や心理を読み解きなが
ら特に築年の古いワンルームマンションについて予め知っていれば決してこんな物件
に手を出すことはない、という「ワンルーム投資の落とし穴」というべき事柄をでき
るだけ分かり易くお伝えしていきます。(^-^)ゞ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆HOWZOOM、色々な(HOW)ことに興味(ZOOM)を持ちたい気持ちの表れです。(^^♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
次回の対面セミナーは、12月8日(火)・12日(土)を予定しています。
(大阪府下コロナ感染症拡大の影響により延期いたします。)
実際にお目にかかり、より具体的なお話しを是非お聞きください。
セミナーの詳細・ご応募はこちらからどうぞ。
沢山の方にお目に掛かれるのを、楽しみにしております。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


株式会社ハウズーム 松浦

【HOWZOOM】のワンルームガイダンス1
カテゴリ:社長ブログ  / 投稿日付:2020/11/27 00:00

物件探し【HOWZOOM】
ワンルームガイダンス(^^♪


こんにちは、広報担当の松浦です。

◆当社では、「不動産投資」・「資産運用」・「節税」に興味があるけどよく分からない、
という方向けに専門講師が分かりやすく解説するセミナーを開催しています。勉強好きな方、
この機会に一緒に勉強してみませんか?
なお、セミナー当日は、特定の物件やサービス等をお勧めしていませんので、実際にご検討
されている方は、いつでもお気軽にお問合せください。


◆さて、本日のテーマ
【HOWZOOM】ワンルームガイダンスhouse

不動産投資の初歩としてワンルーム投資を勧めるガイダンス本は枚挙にいとまがありません。
ワンルームライフを経験したことのない人が投資家として、初めてワンルーム投資を始める
ケースも多々ありますが、多くのガイダンス本はどれを見てもワンルーム投資の最大のリスクは
「空室リスクだ!」と書いてあるものの、空室リスクの本質に「わかりやすく」「簡潔」に触れ
ている本は意外と少ない、というのが私の感想です。

本ブログ、【HOWZOOM】のワンルームガイダンスでは、実践形式でお伝えします

コロナ禍、これまでの経験や知恵が生かされないかもしれません。Σ(゚д゚lll)ガーン
でも、知らないより知ってた方が良い事、ひとつはあると思います。

◆HOWZOOM、色々な(HOW)ことに興味(ZOOM)を持ちたい気持ちの表れです。(^^♪

では、投資用ワンルームマンションの「空室リスク」について一言で表すと、
「家賃として収入がない事」です。毎月決まった収入があるところから、収入がなくなるのは
痛いですよね。
でも、「収入がない事」が「マイナスになる事」とは、ちょっと意味合いが違うと思います。

確かにワンルームの空室リスクを完全に排除する事は困難です。
ワンルームをいくつも持っていれば、空室のリスクを分散する事はある程度可能かもしれませ
んが、初めてワンルーム投資をするオーナー(大家さん)にとって、唯一の投資物件が長期に
わたり空室となれば、大きな誤算になります。
実はそういったことに陥らないよう、事前に知っておくべきワンルームの常識や投資セオリー
はたくさんあります。

そうしたことを知らないまま安易に投資してしまう初心者の方も多いのではないでしょうか。

リスクを顕在化しないまま投資のチャンスを逃している方もいてるのではないでしょうか。

今や、マンション設備の性能や機能は一定の円熟期にあります。現在のマンションの基本性能が
登場したのは大量供給が始まった1994年から1999年にかけての頃であり、現在で築20年から
25年が経過した物件でも性能的に現在の新築物件と遜色ないレベルのものも多いと言われています。

中古マンションマーケットには築年数や立地も含め、様々な物件が日々供給され流通しています。
中には、流通しずらい物件もありますが、

収益を利回り換算し価格を調整することで流通します。

後々後悔しない為に、次回
◇中古マンション、投資用のワンルームって?の「ギモン」から仕様や仕組みをご案内します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
次回の対面セミナーは、12月8日(火)・12日(土)を予定しています。
実際にお目にかかり、より具体的なお話しを是非お聞きください。
セミナーの詳細・ご応募はこちらからどうぞ。
沢山の方にお目に掛かれるのを、楽しみにしております。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


株式会社ハウズーム 松浦

【HOWZOOM】で物件探し
カテゴリ:社長ブログ  / 投稿日付:2020/10/31 00:00

物件探し【HOWZOOM】で物件探し(^^♪

こんにちは、広報担当の松浦です。

◆当社では、「不動産投資」・「資産運用」・「節税」に興味があるけどよく分からない、
という方向けに専門講師が分かりやすく解説するセミナーを開催しています。勉強好きな方、
この機会に一緒に勉強してみませんか?
なお、セミナー当日は、特定の物件やサービス等をお勧めしていませんので、実際にご検討
されている方は、いつでもお気軽にお問合せください。


◆先月、10月20日(火)と24日(土)に第一回ハウズームスタディセミナーを開催しました。
改めてご参加いただいた方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

◆これから、このブログを通じ、気づきや疑問にお応えしたいと思います。

◆さて、本日のテーマ
【HOWZOOM】で物件探しと題しましてお伝えします。house

友人から、
「松浦さーん、事務所移転しようと思ってるので、物件探してくれる?」
と有難いメールをいただきました。

ZOOMのご招待を受け、会社の窓辺にパソコンを移動
画面越し、友人との再会に近況報告をしつつ、本題の物件探しをスタート!

◇物件を探すとは
「買う・借りる」両方の可能性があります。


今回は「借りる」をご希望でしたので、賃貸の目的(どんなことをしたいのか)をお聴きし、
作業所をお探しでしたので、戸建てやマンション・土地以外を選択、いわゆる「外全」を選択
その他の条件を詳細に入力し、件数を確認したところ、

[表示可能件数5件](';')

若干、件数に物足りなさはあるものの、物件詳細へ。
5物件の詳細を1件1件確認しましたが、残念ながら、ご希望物件には該当せず。

気を取り直し、条件(駅からの距離、広さ)を変更、減らせば、きっと、新たな物件が出てくる!
と期待して、再度件数確。


[表示可能件数5件]???

画面越しに私と友人は固まりました。(汗)
何かが間違ってる。

そうなんです。思い込みから、条件を狭めていました。

◇選択を「外全」にした時点
から、間違ってたんですね。


物件検索サイトは、不動産業者が売主様・貸主様からお聴きした内容(状態)で掲載するので、
買主様・借主様目線ではない事が多々あります。
代表例は、空家が、古家付き土地の時もあれば、中古戸建の時もあります。

◇使えるか、使えないかは、使い方次第
というわけです。


ここからは、物件種別の選択を中古戸建に変更し、ひとつひとつの物件詳細から、グーグルマップで
場所を確認し、ご希望条件を絞り込めるところまで進める事ができました。

オンラインで物件を探す目的を画面上で共有してお話をすることで、実際に現地へご案内するまでに、
更なる情報収集も可能です。

後々、後悔しない為に

◇お目当ての物件周辺情報(賃料相場)
も押さえておきたいところです。


色々な物件を見て、お互いの感想を話してると、あっという間に1時間。

◇物件探しの旅、余裕をもってご参加ください。
ご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社ハウズーム 松浦

◆HOWZOOMとは、色々な(HOW)ことにも興味(ZOOM)を持つ!

 < 1 2

ページトップへ