ホーム  >  社長ブログ  >  【HOWZOO】ワンルーム経営者とは

【HOWZOO】ワンルーム経営者とは
カテゴリ:社長ブログ  / 投稿日付:2021/06/25 17:00

物件探し【HOWZOOM】
ワンルームガイダンス20


こんにちは!ハウズームの松浦です。(^^♪
ワンルームガイダンスとして、シリーズでお伝えしています。

これまで、入居者目線で物件選びをお伝えしてきましたが、これからはZOOMⅢとして実際にワンルーム大家の必要な実務をご案内します。

貯蓄から投資へ、資産は運用するもの
失敗しない資産運用のお約束、「長期・継続・積立」

先日の日経新聞に興味深い記事がありました。

「マイホームの頭金用に貯めた500万円、10年前から狙っていた中古のマンションは1千万円高くなった。」
参照元:「プア中間層」が割を食う 実質賃金2%減: 日本経済新聞 (nikkei.com)

買いたかったマンションの頭金が足りなかったという話ではありません。

お金を貯める苦労と、貯まったお金の価値が見合わない、ということではないでしょうか。Σ(・ω・ノ)ノ!

500万円を10年で貯めるためには、年間50万円、月々42,000円貯金することになります。
記事にある1000万円高くなった中古のマンションの値上がり分をカバーするために必要な事、それは!?

500万円を10年(目)で倍の1000万円にするには

ルート1.毎月の貯金を84,000円に増額、年間100万円貯蓄

ルート2.毎月の投資を42,000円、7.5%の利回りで10年複利運用

目標は10年後に1000万円の資産価値、運用する為には原資(元手)も必要です。

目標達成するためのルート、1、2のいずれを選択するかは自由です。
ですが、時間を味方につける事で得られる満足を倍にすることが可能ならば、時間を有効に活用しませんか?

下表は、縦軸(棒グラフ数字)が年数、横軸が複利の利回りのグラフです。
7.5%の複利(利息も運用する)で10年間運用すると、運用益も含める倍になる「72の法則」を説明しています。



セミナー2



長期・継続・積立を実現するための手段として、不動産投資は有効だと思います。
融資を受ける事で、積立効果を実現できます。

これから、ワンルーム経営者目線で経営実務をお伝えします。


ZOOMⅢ ワンルーム経営実務

ワンルーム経営とは

売買契約・代金決済・物件引渡しを終えるとワンルームオーナーとして賃貸経営が始まります。入居者もしくは賃貸管理会社から毎月家賃が振込まれてくるのでそれを確認する。入居者の家賃滞納やマンション管理組合の役員に選任されなければ次回契約更新のタイミグまで平穏な日々を過ごすことができます。

毎月、請求書や領収書を発行したり発送しなくとも毎月決まった日に振込される。
入金確認だけでよいなんて、まさに不労所得です。


でも、まったく何もしなくて良い訳ではありません。

次回以降は、賃貸管理の内容をより詳しく、入居者への通知や管理会社との付き合い、トラブル対応等、何もしなくて良いではなくて、これだけすれば良い(^^♪をテーマにお伝えします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


◆HOWZOOM、色々な(HOW)ことに興味(ZOOM)を持ちたい気持ちの表れです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
対面セミナーに代わり、オンデマンド形式で中古ワンルーム情報をお伝
えする予定です。個別相談はお気軽にお問合せください。実際にお目に
かかれる日を心待ちにしています。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


株式会社ハウズーム 松浦

ページの上部へ