ホーム  >  社長ブログ  >  【HOWZOOM】捨てたい時に、、

【HOWZOOM】捨てたい時に、、
カテゴリ:社長ブログ  / 投稿日付:2021/04/16 15:00

物件探し【HOWZOOM】
ワンルームガイダンス13


ZOOMⅠ
入居者視点からの快適ワンルームライフとは?

こんにちは!ハウズームの松浦です。(^^♪

ワンルームガイダンスとして、シリーズでお伝えしています。

今回のテーマは、

捨てたい時にゴミが出せる(^^♪
24時間ゴミ置き場


「マンションは管理を買え」

初めてマイホーム探しをした30年前、親からこう言い渡されました。


色々なマンションを見て回る中、初めて「ダスターシュート」を発見した時には、

マンションの便利さに驚きと感動、何時でもゴミを出して良いなんて夢の様だと

思いました。(´▽`*)


ゴミステーション



捨てたい時にゴミが捨てられない、、、(/o\)


マンションの共有部にゴミ置き場があるのか、あるとすればそれが24時間利用可能な

ゴミ置き場なのか否かはチェックしておいた方がよいでしょう。家庭用ゴミの回収日は

「可燃、不燃、粗大、プラスチック」等に曜日によって分別回収のルールが決められて

いることが多いと思います。



マンション内にゴミ置き場がないと、ゴミの収集車が来る時間までに自分で街角の収集所

に持っていかなければなりません。

ルールを無視して捨てたゴミ袋をカラスがつついて生ゴミが道路に散乱している光景を見た

ことがあります。



粗大ごみ置き場

※共用部、特にゴミ置き場を見れば住人のマナーや管理会社のメンテナンスには大きな差が。


自主管理、委託管理(自主管理のメリット・デメリット)


自主管理とは、マンションの共有部や敷地の日常管理(主に清掃・ゴミ捨て・見回り) から設備

のメンテナンスや修繕、そのための予算管理に至るまで管理会社に一括して委託せずに、

マンションの管理組合もしくはオーナー自らが主体となって行う管理手法です。


自主管理のメリットは、管理コストが安いことです。毎月支払わなくてはならない管理費用が

安く済むため、各家庭への金銭的な負担が軽減されますが、自主管理のデメリットとしては、

時間的・労力的な負担が大きく、専門知識がないと管理業務を行う上で様々な問題が生じる

おそれがあります。


清掃や点検、場合によっては劣化の進んでいる箇所の修繕を怠っていると
マンションの資産価値を大きく下げてしまうことになります。


水栓

※上記写真は会社があるビル共用部のトイレ、自動水栓に改修されました。とても快適です。



たまたま自主管理の物件を見に行った時のことですが、過去に退去した人々の残置物

(冷蔵庫・電子レンジ・オートバイ・自転車・ベッド・布団等)が狭い敷地内に山のように積み

上げられていました。

管理人さんが居てるマンションだと、粗大ごみを勝手に出すとすぐに注意されます。(゚Д゚;)



エントランスの掲示板を見ると「テレビの映りが悪いのでマンションの集合アンテナを修理

してほしい」とか「廊下の電球が切れているので交換してほしいが誰に連絡したらいいのか

分からない」という住人からのSOSの張り紙がありました。



自主管理の全てがそうではありません。地主とデベロッパーが土地と建物を等価交換方式で

立てた分譲区分マンションだったりすると地主が非分譲の住戸に居住していてしっかり建物を

管理してくれる場合もあります。しかし自主管理物件に手を出すのは基本的に慎重にならざる

を得ません。



管理されているのは施設ではなく、住人なのかも。

気持ちよく暮らす、マナーハートが大切です。



握手


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


◆HOWZOOM、色々な(HOW)ことに興味(ZOOM)を持ちたい気持ちの表れです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
対面セミナーに代わり、オンデマンド形式で中古ワンルーム情報をお伝
えする予定です。個別相談はお気軽にお問合せください。実際にお目に
かかれる日を心待ちにしています。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


株式会社ハウズーム 松浦

ページトップへ